レミニセンスはアンティーク・ショップです。いつまでも心に残る、想い出のかけらのような品々を 集めました。

大切なものを大切に飾ろう / Antique Silver Plated Photo Frame 619-494

7,500円(内税)

購入数
英国の北部、大きな競馬場で行われていたアンティークフェアで手に入れた、小さな写真立て。


トップにはシールドが掲げられ、左右はくるりと曲がった装飾がつけられています。
はめ込まれているのは、古い本の1ページのような紙片。フランス語でしょうか。
中を外してみると、ヴィクトリア朝らしき服装をした女性の古い写真が現れました。



フレーム下枠にはには小さくEPNS (electro plated nickel silver)の刻印がみられます。
EPNSとは、銀メッキのこと。

銀メッキには数種類ありますが、19世紀後半からは電気により銀メッキをしたものが多く作られるようになりました。
「洋銀」や「洋白」、「ニッケルシルバー」などと言われ、「E.P.N.S.」「E.P.」の刻印があることがあります。

この銀の電気メッキは、1840年ごろ、英国バーミンガムのエルキントン社が開発し、純銀製と間違われないようE.P.N.S.マークがつけられるようになりました。
英国においてスターリングシルバーはそのホールマークによって、だれが、いつ、どこのアセイオフィスで認可をうけたか、がひとめで分かるようになっていますが、銀メッキにおいてはその限りではなく、「E.P.N.S.」とあったり「SILVER PLATED」とあったり、もしくは何もなかったり、様々な状態となっています。




今回ご紹介する銀メッキの写真タテは、構造や中のものから察するに、19世紀中頃のお品物と推測いたします。
おそらく初めは女性の写真を飾っていたのでしょう。
その後は何らかの理由により、女性の写真は奥に仕舞われ(きっと捨てられずに)、表には本の1ページを入れていた、と思われます。


構造的にちょっと歪んだ感じになってしまってはおりますが、100年を超えて愛されてきた小さな佳品は、ヴィクトリアンの空気を確かに纏っているよう。
お手元で長く愛していただきたい、英国アンティークのひとしなです。






更なるディテールはこちらからご覧ください。→MORE DETAIL



◆England
◆推定製造年代:c.19世紀後半
◆素材:シルバープレーテッド(銀メッキ)
◆全体サイズ:幅約7.8cm 高さ約9.2cm 厚み約0.9cm 立てた時の奥行約4.2cm
◆写真が見える面(窓)サイズ:約5.8×3.6cm
◆在庫数:1点のみ

【NOTE】
*古いお品物のため、小傷や汚れ、錆、変色や歪み等がございます。
*ガラスエッジにはカケやざらつきがみられます。フレームにはめ込んだ時はほとんど目立ちません。
*中の写真の交換は可能です。中の台紙をゆっくりと上側から引っ張り出してください。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上お求めください。

おすすめ商品