レミニセンスはアンティーク・ショップです。いつまでも心に残る、想い出のかけらのような品々を 集めました。

ひとときの逢瀬 / Antique Glass Painted Box 619-291

15,800円(内税)

購入数
英国の大きなアンティークセンターで手に入れた、美しいグラスボックス。


このようなボックスは、レディのドレッシングテーブル等でよく使われていたようです。
ドレッサージャー、パウダーボックスなどとも呼ばれます。

材はガラスや陶器、一部蓋には銀や真鍮づかいなど。
文字通り白粉を入れたり、化粧品やアクセサリーなどを入れるための優雅な小物入れとして、様々なものをみることができます。


今回ご紹介するボックスは、クリアガラスに真鍮の枠がついたもの。

一番の特徴は蓋の絵付け。
蓋には裏から手描きで、仲睦まじく見つめあう貴族風のカップルが描かれています。
周囲には植物が描かれていますので、差し詰めお屋敷の庭園で、ひとときの逢瀬、といったところでしょうか。
背面は金で塗られており、豪華で優雅な印象。
ガラス自体に放射状の凹凸がありますので、それとあいまって、ぱっと見はよく絵柄がわからず、よくみればカップルがみえてくる・・・という仕掛け。


大きさはこぶりで、直径は約6cmほど。
それほど大きなものは入りませんので、小さなアクセサリーなどを入れていたのではないでしょうか。
クリアなガラスですので、中にあるものをよく見ることができます。


実用はもちろん、飾っておくだけでも優雅な気持ちになれそうな佳品。
当時の貴婦人が開閉したであろう、ガラスの蓋をどうぞ貴方もそっと開いてみてください。






更なるディテールはこちらからご覧ください。→MORE DETAIL



◆England
◆推定製造年代:c.1890年代頃
◆素材:ガラス・真鍮
◆サイズ:本体直径約6cm(+ツマミ約0.6cm) 高さ約4.8cm
◆重量:約56g
◆在庫数:1点のみ

【NOTE】
*古いお品物のため、小傷や汚れ、錆、歪みや変色等がございます。
*蓋は「ぱちん」と安定して閉まります。
*蓋を開けて立てて置くことができますが、その際はそっとバランスをとる必要があります。
*ガラスのカケやヒビはみあたりません。
*ガラスと真鍮枠の間に、接着材もしくはパテらしきものがあり、それは一部劣化しひび割れているのがみえます。今のところ真鍮枠は安定しています。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上お求めください。

おすすめ商品