レミニセンスはアンティーク・ショップです。いつまでも心に残る、想い出のかけらのような品々を 集めました。

エドワーディアンを記憶するオーバル / Antique Edwardian Silver Plated Oval Dish 619-397-3

4,200円(内税)

購入数
今回ご紹介するのは英国のアンティークマーケットで手に入れた繊細なつくりのシルバープレーテッド・アイテム。

底には以下の文字がみられます。

RD564506
E.P.N.S.


まず、「E.P.N.S.」とは「Electro Plate Nickel Silver」のこと。
1840年代に開発された技法で、ニッケルを中心とした合金に電気加工によって銀メッキを施したもののことを指します。

もともとの銀無垢製品はたいそう高価だったところに、
1742年にシェフィールドにて銅の地金に薄い銀の板を圧着する「シェフィールドプレート」が開発され、安価に銀製品を手に入れることができるようになり、大流行しました。
「E.P.N.S.」はさらにその後に開発された技法で、さらに銀製品を手に入れやすくなった・・・という歴史がございます。


また、RD564506は6桁からなるレジストレーション(レジスタード)・ナンバーのこと。
1884年から英国においてある範囲の工業製品につけられていたもので、その番号で年代がわかるようになっています。
そして、RD564506番は1910年の製造番号となっております。



1910年といえば、エドワード7世が英国を統治していた最後の年。1914年から始まってしまう第一次大戦前の、古き良き時代でもあります。


そんな時代から英国をみてきた小さなディッシュは、職人技ともいえるレースのような透かし彫りと4コーナーに施された立体的な葉模様が美しい、典雅なひとしな。
小物入れ等としてアクセサリーを入れたり、ドライフラワーなどをディスプレイしても素敵かと思います。


ぜひお手元でご愛用ください。



更なるディテールはこちらからご覧ください。→MORE DETAIL



◆England
◆推定製造年代:c.1910年
◆素材:合金にシルバープレーテッド(銀メッキ)
◆サイズ:幅約15.5cm 奥行約10.8cm 深さ約2.3cm
◆重量:約53g
◆在庫数:1点のみ

【NOTE】
*古いお品物のため、小傷や汚れ、錆や変色等がございます。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上お求めください。


おすすめ商品