レミニセンスはアンティーク・ショップです。いつまでも心に残る、想い出のかけらのような品々を 集めました。

遥かなビルマに想いを寄せて / MASON'S Mandaley Miniature Cup & Saucer 619-134b-1

5,800円(内税)

購入数
メイソンズ マンダレーシリーズのミニチュア・カップ&ソーサー。




メイソンズは、1796年に操業を開始した英国の老舗陶磁器メーカー。

創業当初は、中国からの陶器輸入などをしていましたが、それで財をなし、1806年には自社を窯元として陶器の製造を始めます。東洋風の花やウィローパターンなど転写や手描きを組み合わせた品々を多く生産しますが、1968年にはウェッジウッドの傘下にはいったといわれています。


メイソンズの伝統的な図案はいまだ世界中のコレクターに愛されており、例えば、このマンダレーのティーセットは、1984年から1994年にかけて英国で放送され、好評を博した「シャーロックホームズの冒険」シリーズ(俗に「グラナダ・シリーズ」)にて、ホームズの部屋、ベーカー通り221Bに置かれていた小道具と同じ物となっています。

いかにも、ヴィクトリア時代のティーセット然とした佇まいが、ホームズの暮らしを演出するのにぴったり。

また、マンダレー/Mandalayとは、現在はミャンマー(以前のビルマ)でヤンゴンに次ぐ第2の都市であり、1885年に大英帝国の植民地となるまでは、ビルマで独立を保った最後の王朝の首都でありました。言葉の響きに潜む東洋の神秘に想いを託して、名づけられたのかもしれません。


マンダレーシリーズは多くのアイテムが発売されていましたが、今回ご紹介するものはミニチュアのカップ&ソーサー。


ごく小さい物のせいか、バックスタンプにはメイソンズ定番の王冠マークなどはついておらず、英字表記のみとなっています。そのため、詳細な製造年代は不明ですが、おそらく1920-1930年代頃のものではないかと思われます。



白い陶肌に紺と赤、そして金彩が施され、小さいながらも本格的な雰囲気。
大英帝国の爛熟期、ヴィクトリアンの気配が感じられる東洋趣味の意匠は、英国の人々に長く愛されてきた、確かな存在感を感じさせます。


今回は同じくらい小さいミニチュアのシュガーポットと一緒に買い付けました。
よろしければそちらもご覧ください。





歴史と伝統をしっかりと受け継いだ、小さな逸品を是非どうぞ。




更なる詳細画像はこちらからご覧いただけます。→MORE DETAIL



◆England
◆メーカー:MASON'S
◆推定製造年代:c.1920-1930年代頃
◆素材:陶器
◆サイズ:直径約6cm 高さ約3cm
◆重量:約34g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*多少の汚れがみられますが、ヒビ、欠けなどはございません。
*製造時からと思われる染料のトビがみられます。
*古い陶器ですので、取り扱いには十分ご注意ください。
*画像の備品は付属しません。
*以上、ご了承の上お求めください。

おすすめ商品