レミニセンスはアンティーク・ショップです。いつまでも心に残る、想い出のかけらのような品々を 集めました。

1920年代の英国に想いを馳せて/MASON'S Mandaley Blue Serving Dish 618-030

12,000円(内税)

購入数
メイソンズ マンダレーシリーズのサーヴィングディッシュ。

メイソンズは、1796年に操業を開始した英国の老舗陶磁器メーカー。

創業当初は、中国からの陶器輸入などをしていましたが、それで財をなし、1806年には自社を窯元として陶器の製造を始めます。東洋風の花やウィローパターンなど転写や手描きを組み合わせた品々を多く生産しますが、1968年にはウェッジウッドの傘下にはいったといわれています。


メイソンズの伝統的な図案はいまだ世界中のコレクターに愛されており、例えば、このマンダレーのティーセットは、1984年から1994年にかけて英国で放送され、好評を博した「シャーロックホームズの冒険」シリーズ(俗に「グラナダ・シリーズ」)にて、ホームズの部屋、ベーカー通り221Bに置かれていた小道具と同じ物となっています。

いかにも、ヴィクトリア時代のティーセット然とした佇まいが、ホームズの暮らしを演出するのにぴったり。

また、マンダレー/Mandalayとは、現在はミャンマー(以前のビルマ)でヤンゴンに次ぐ第2の都市であり、1885年に大英帝国の植民地となるまでは、ビルマで独立を保った最後の王朝の首都でありました。言葉の響きに潜む東洋の神秘に想いを託して、名づけられたのかもしれません。


マンダレーシリーズは多くのアイテムが発売されていましたが、今回ご紹介する持ち手付楕円皿は「サーヴィングディッシュ」。

それほど大きなものではないので、付け合わせの野菜(英国らしく、思い切りくたくたに茹でられた!)やデザートなどをいれ、給仕がサーヴする際に使われたものと思われます。



バックスタンプによれば、製造年代は1920年代。
大人気テレビドラマ「ダウントン・アビー」の時代であり、英国にも近代化の波が押し寄せた、変化の激しい時代でした。

そのなかでも、製造され続けたマンダレーシリーズ。


大英帝国の爛熟期、ヴィクトリアンの雰囲気がたっぷりの東洋趣味の図案は、英国の人々を安心させるような落ち着きに満ちていたのではないでしょうか。



きれいな楕円のフォルム、立ち上がりも緩やかにカーヴした流れるような曲線、可愛らしい持ち手。
フルーツやスィーツを盛り付ければ、置いておくだけで絵になる風景がお愉しみいただけます。




更なる詳細画像はこちらからご覧いただけます。→MORE DETAIL


◆England
◆メーカー:MASON'S
◆推定製造年代:c.1920年代
◆素材:陶器
◆サイズ:幅約26.5cm 奥行き約17cm 高さ約6.2m
◆重量:約484g
◆在庫数:1点のみ


【NOTE】
*底に多少の汚れがみられますが、ヒビ、欠けなどはございません。
*全体に貫入がみられます。これはヒビではなく製法による表情ですので、ご了承を願います。
*古い陶器ですので、取り扱いには十分ご注意ください。
*古い陶器に急に熱い物をいれると割れる可能性がございます。器自体を予め温めてから入れるか、熱いものはいれずに、フルーツやお菓子などを盛り付けてお楽しみいただくのがおすすめです。
*画像の備品は付属しません。
*以上、ご了承の上お求めください。

おすすめ商品