中空にスプーンの指定席をもつオーバルボウル / Antique Silver Plated Jelly Bowl with Carrier & Spoon

  • 18,000円(内税)
可憐で繊細なシルバープレート(銀メッキ)の、スプーンキャリア付ジェリーボウル。


このようなボウルはジェリーボウル、もしくはジャムボウルとよばれ、文字通りジェリーやジャムを入れて食卓に置かれてきたもの。

専用のスプーンを引っ掛けておくことが出来たため、便利で機能的、そして見た目にも食卓の良いアクセントとして重宝されてきたスタイルです。

フォルムが円形ではなく、オーバル(楕円)となっており、どこか洗練された雰囲気となっています。


銀メッキには数種類ありますが、代表的なものは、銅・ニッケル・亜鉛からなる合金に、電気により銀メッキをしたもの。
「洋銀」や「洋白」、「ニッケルシルバー」などと言われ、「E.P.N.S.」「E.P.」の刻印があることがあります。

この銀の電気メッキは、1840年ごろ、英国バーミンガムのエルキントン社が開発し、純銀製と間違われないようE.P.N.S.マークがつけられるようになりました。

英国においてスターリングシルバーはそのホールマークによって、だれが、いつ、どこのアセイオフィスで認可をうけたか、がひとめで分かるようになっていますが、銀メッキにおいてはその限りではなく、「E.P.N.S.」とあったり「SILVER
PLATED」とあったり、もしくは何もなかったり、様々な状態となっています。


今回ご紹介するボウルには、底に以下の刻印がみられます。

E.P.N.S
YEOMAN PLATED
MADE IN ENGLAND


「E.P.N.S」とは前述の銀メッキのことで、「Electro Plated Nickel Silver」の頭文字。

そしてYEOMAN PLATEDとは、YEOMAN OF ENGLAND COMPANYのシルバープレとをさします。
1897年、Sawbridgeworth、Hertfordshireで創業したYEOMAN OF ENGLAND COMPANY。
銀製品、そしてシルバープレーテッドのテーブルウェアを多く生産し、ハロッズやリバティなどにも製品を卸していました。
1972年にはDouglas Pell Silverwareとなって現在でも営業を続けています。




また、フルーツコンポートの模様が打ち出されたボンボンスプーンは、Sheffieldに1884-1940の間にあったJohn Henry Potterのシルバープレート。

細かな模様が賑やかで愛らしく、見ているだけで愉しくなるような一品です。


ボウルとスプーン、それぞれメーカーは異なりますが、透かし彫りのある取っ手、細かな凹凸のあるエッジをもつボウルのクラシカルな雰囲気と、やはりクラシカルに装飾されたボンボンスプーンは雰囲気がよく合っており、スプーンを指定席である取手に掛けるたびに、愉しい思いを持っていただけることと思います。


英国アンティークならではの、可憐で優雅な愛すべきひとしなです。



更なるディテールはこちらからご覧ください。→MORE DETAIL



◆England
◆YEOMAN OF ENGLAND COMPANY/John Henry Potter
◆推定製造年代:ボウルc.1930-50年代/スプーンc.1930年代
◆素材:合金にシルバープレーテッド(銀メッキ)
◆ボウルサイズ:ボウル幅約11cm 奥行き約8.6cm 高さ約13.5cm
◆スプーンサイズ:長さ約14.5cm
◆ボウルにスプーンをセットしたサイズ:高さ約18cm
◆重量:約151g
◆在庫数:1セットのみ

【NOTE】
*古いお品物のため、小傷や汚れ、錆や変色等がございます。
*画像の備品は付属しません。
*上記ご了承の上お求めください。
型番 517-063
購入数

上部へ戻る